あらしの前のマリオネット

貴腐ワイン飲んだのでだいじなことを語る

ベヒトルスハイマー ゾンネンベルク フクセルレーベ トロッケンベーレンアウスレーゼ(相手は死ぬ)

3年ぶりに飲んだがやはり思い出補正じゃなかった

結論は一番下にあるが、ようするに7000円あればシャトードワジーヴェトリーヌを飲んでみてくれという話。 

まずデザートワインを語らせてくれ

そもそもはアイスワインを飲んだのが始まり。アイスワインは結構どこでも見るし、それなりに安く買えるのでおすすめ。前はチョコレートと飲んだ。

f:id:dhiibui:20181103234359j:plain

これは3000円位で買える。味はあんまり覚えてないけど甘くて美味かった。まだアルコール感はあった気がする

【ミルドドットコム】ウエルヴェルスハイマー アウレンベルク シルヴァーナー アイスヴァイン 2010

まだ買えるみたい。

1度目のベヒトルスハイマー ゾンネンベルク フクセルレーベ トロッケンベーレンアウスレーゼ

そんで、デザートワインは甘くてうまいやんということで、調べてみると貴腐ワインとかいうさらに甘いデザートワインがあるらしい。

そこで横浜のタカシマヤかどこかで、見つけたので買って飲んだ。

f:id:dhiibui:20181103235356j:plainボケてるけどこれ。

名前が長いが、覚えておくのは「トロッケンベーレンアウスレーゼ」、すなわちTBAがうまいということ。甘さのレベルみたいなのがあって、その最上位がTBAってやつだ。

このとき初めて飲んで、はちみつシロップのような、というかワインどころかアイスワインとも全く違うじゃねーかこの貴腐ワインってのはという感想だった。とにかく甘かった。そんでアルコール入ってんのかっていうまろやかさであった。

それから、僕らはいくつかの貴腐ワインを飲んだ

すっかり貴腐ワインの虜になったので、ちょっと高そうなワイン屋を見るとデザートワインだけチェックするようになっていた。ので、いくつかのワインを飲んだりした。

  • チリ産のやつ。ただの白ワインにはない複雑な甘さがあるものの、しかし鋭いアルコールの風味が気になる。まろやかさも足らないか。あまり覚えてない。

  • フォルシュターシュネフェンフルグのトロッケンベーレンアウスレーゼ。もはやgoogleIMEが学習したので「とr」くらいで「トロッケンベーレンアウスレーゼ」が出てくる。これはすげー色濃かった。現在までで飲んだ中で一番濃かった。まじで黒ビール寄りの地ビールみたいな色。味はたぶん美味かったはずだ。しかしいまいち覚えていられないのが残念。

f:id:dhiibui:20181104001403j:plain

やはり最初のベヒトルスハイマー ゾンネンベルク フクセルレーベ トロッケンベーレンアウスレーゼが一番うまかった気がする問題

ここまで飲んで、最も美味かったのは初めて飲んだベヒトルスハイマー ゾンネンベルク フクセルレーベ トロッケンベーレンアウスレーゼだった。そうなってくるともう一度飲みたい。ということで、ネットやワイン屋などを見て回るも、そもそもトロッケンベーレンアウスレーゼが少ないことに気づく。一段格下のベーレンアウスレーゼ止まりなのだ。

もうあの味には会えないのか、と思っていると、まさかのメルカリで出品があることに気づく。早速購入させていただいた。保管状態が気になるが、貴腐ワインは糖度が高くアルコール度数が低いので、冷やしておく必要はないのだ。最悪コルクにワインが触れっぱなしでカスッカスになってても、そっと飲めばええやんけと思って買った。

飲んだ!

f:id:dhiibui:20181103233319j:plain

ラベルは違うけど同じやつっぽい。せっかくなのでデパ地下のチーズ屋で青カビのゴルゴンゾーラ買ってきた。クラッカーに乗せて食うため。

細心の注意をはらいながらコルクを開けると、高貴な香りが漂う。コルクを嗅ぐ。これ!まさにあのとき嗅いだ匂いだ!間違いない!瓶の口を匂ってみる。やはりこれだ。間違いない。というか飲まなくてもわかる。これ美味いやつや!グラスにそそぐ。こすぎない黄色。はちみつのような、薄いメープルシロップのような色、グラスの内側に寄り添うような粘度!これこそが求めていたものに違いない。おかえり。ただいま。

ボトルのそこには、オリとよばれる結晶がしずんでいたので、振らないようにしてゆっくり注ぐ。もちろん冷蔵庫に入れるときから。

一口。これや!際立つ甘さと、その香り。もう鼻息が美味い。わずかに舌の上でアルコールを含んでいることが感じられるか否か、その程度。そして複雑な、なんというか白ワインでもなくアイスワインでもなく、他の貴腐ワインでもないこの味。なんとも説明がつかない。うまい!

ゴルゴンゾーラとも死ぬほどよく合う。死ぬほどよく合いすぎて死んだ。ちなみにゴルゴンゾーラは苦手で、前に抹茶ビュッフェの中にあったとき食べてみたが、刺すようなカビ風味とアルコールにも似た発酵臭がけっこう苦手だったけど、デパ地下で買ったドルチェといわれる甘い方のこいつはうまかった。少し値段が張ったかもしれないが、まろやかでしかし角の取れたカビ感があった。塩気もちょうどいい。

ちなみにドルチェはあまく、ピカンテというのは辛いという意味らしい。ピカンテオイルって辛いもんな。ドルチェは甘い。

すべてには終わりがある

貴腐ワインはたいていがハーフボトルだ。375mlなんてあっという間になくなってしまう。白ワイングラスで6杯程度だ。ちびちび飲む人もいるかも知れないが、そうもいかない。これだけ美味いものを途中でやめるだなんて素人には難しい。

ていうか開栓してるし、澱も立てないようにすると冷蔵庫に立てて保管しないといけないけどそんなスペースないでしょ。ということであっというまにチーズと共に無くなってしまった。

夢のような時間が去ってしまった。しかし夢ではない。覚めてもなお夢を見ているような感覚の中、コルクを嗅ぐとまだベヒトルスハイマー ゾンネンベルク フクセルレーベ トロッケンベーレンアウスレーゼの香りがする。もう死ぬまで忘れることのない味だと思う。ごちそうさまでした。

結局、大事なこととは何だったのか

それは、貴腐ワインを試してみたいなら、シャトードワジーヴェトリーヌを飲んでみろということ、ベヒトルスハイマー ゾンネンベルク フクセルレーベ トロッケンベーレンアウスレーゼを飲んでみろということ、そして貴腐ワインはまだまだハンガリーにもあるぞということ。スイーツ好きならほぼほぼハマると思うので、ぜひ飲んでみろ。貴腐ワインとは一期一会。そこになければ無いですね。

東京駅で降りたらマカロンを喰らえ

ピエール・エルメ・パリは神

マカロンたち

よくわかんないけどコラボしてた10個入

前に食べたミルフィーユがアホほどうまかった記憶

www.pierreherme.co.jp

ピエール・エルメというパリ人が作るミルフィーユセレストがうまかった記憶をふと東京駅で降りたときに思い出したのだった。

四の五の言わずに八重洲口に向かえ

丸の内口ではないので、八重洲口に行け。ラブライブ!1期合宿会でみんなが集合していたあのおなじみの八角形ドーム型の丸の内口のほうが有名だけどそこにはピエールはいない。そっちには確かオアゾにチョコレート店があった気がするがそれは食べてない。

大丸1Fのスイーツ専門フロアに向かえ

改札を出ずとも東京駅には地下にグランスタというまあうまいお菓子屋さんがたくさんあるので、改札を出られただけでもう殆どミッションは終了して安心していい。

たしか八重洲中央口を出ると大丸東京店のガラス張りのところにスイーツ専門店が所狭しているはず。その中であんまり目立たないかもしれないがたしかにピエール・エルメ・パリは存在している。

とにかくマカロンを購入しろ

このステージまで来て、スロットに空きがあり、またマカロンが売り切れていなく、十分なゴールドがあり、またお持ち歩きの時間がそれほど(90分くらい?)長くなければマカロンをいくつか購入することができる。

10個入りの東誠という人のコラボ箱のマカロン(全部味違うの10個入り)を買った。他にも中身違う10個とか、5個とかもあったと思う。

カロンを買うのに躊躇するな

これまでに何度かマカロンを購入したことも食べたこともあるが、ちょっと値段の割に甘くてうまい程度の感想で終わりがちなマカロン

しかしこれは本当にうまかった(まだ半分くらいしか食べてない)。引き合いに出すようで申し訳ないがサダハルアオキのマカロンよりぜんぜんうまい。あいつのショコラは好きだがケーキとマカロンはちょっと思ったほどではなかったというのがその時の感想であった

とにかく、躊躇するな。一生のうちにマカロンに捧げる金額なんかたかが知れている。たかが知れないなら食っておけ。美味ければ忘れれられないし、たいして感動できなかったらそれはそれで買ったことすら忘れてハッピー。

保冷剤サービスあるから安心しろ

カロンはこんな焼き菓子みたいな見た目して案外デリケートなクソめんどくさい。割れやすいし、日持ちしない。が、ちゃんとお家で食べよう。

買ったときは無料で保冷剤がこの箱の中裏に入れてもらえた。目安は90分なので、それ以上持ち歩く場合は多分なんか有料であるだろう。多分

写真用にこんなふうに開けてあるけどちゃんとフィギュアみたくブリスターがついている。

f:id:dhiibui:20181008232605j:plain

箱ですでにうまそう

ピエール・エルメ・パリは普通もっと地味な箱だが今回はコラボということでこんな感じになってる。味も多分特別なやつとかが入ってる。

見てすでにうまそう

この残念なところはどのマカロンが何味なのかよくわからんまま食べることになるだろう、多分。てかこの冊子見ても微妙な色の違いとかわからんのじゃ。半分利きマカロンみたくなる。

食え

こればっかは百聞一見なのでとにかく買って食べろ。そんで実感する、明らかにこれは今までのマカロンと違う。てかマカロンてこんな上品な甘さの中にフルーツやクリームそしてチョコを合わすことができるんだな。すごい

ここで全種レビューしたいがまだ全部たべてないのでいくつか。

  • ジャスミンの豊かな香りとホワイトチョコの濃厚な甘みがちょうどよくマッチしているやつ
  • うるさいくらいレモン味の上にレモン果肉的なものが入っててこんなレモン味って出せるのかってやつ
  • クレームブリュレみたいなバニラの風味のやつ
  • 王道を往くピスタチオ まんま食べるよりもピスタチオの味がするくらいの濃さのやつ

余裕があれば自作もありかも

たしかプリアラのかなり序盤(ひまりちゃんがプリキュアになるかならないかくらい)でオーブンで自作する話があったがそれもありなのかと思えてきた。しかし等のピエール・エルメはマカロン人間と言われるくらいマカロンのプロらしいからなかなかこうもいかんのだろう。だからわざわざ改札から出てまで買う価値があるんだわ。

つまりはレイアウト確認のためのテスト投稿 ~カルピスを添えて~

なぜこれほどまでにバーガーキングはうまいのか

  • なぜこれほどまでにバーガーキングはうまいのか
    • 結論:それはカルピスがあるから
      • 仮説
      • 本当にカルピスがあるからうまいのか?
      • 結論
      • 追記

結論:それはカルピスがあるから

仮説

そのバーガーキング好きのルーツはカルピスにあった

f:id:dhiibui:20180925233821j:plain

これはまったく関係のない鎌倉の写真

 

どう考えてもあのカルピスがあるからバーガーが引き立つのである

それにポテトフライになにかミートソースみたいなのをグチャグチャかけて食べるやつもうまいからである

ついでにテリヤキはトマトが入っていないからである

「カラダにピース」、つまりそれはパーに勝ち、グーに負けるということだ*1

(1923年:太宰治)

*1:ちなみに体がチョキなら、お察しの通り頭はパーだ

続きを読む